大津の京阪電車を愛する会について

本会の目的

市民が主体となって貴重な公共交通機関として京阪大津線の利用促進を図ること。

ごあいさつ

 京阪大津線(石山坂本線及び京津線)は、琵琶湖と緑の山並みの間に細長く連なる大津市の市街地を縦断しており、世界文化遺産・比叡山延暦寺の門前町である坂本地域から、浜大津駅や三井寺周辺の中心市街地を経由して、紫式部ゆかりの石山寺地域に至る本市の枢要部において、なくてはならない貴重な公共交通機関と なっています。

 中でも石山坂本線は、現在、オフピーク時においても、7〜8分間隔で運行されているとともに、そのほとんどが専用軌道であることにより、ダイヤも正確であるため、市民や来訪者にとって極めて便利な公共交通機関となっています。
また、京阪大津線は、大津京駅、膳所駅、石山駅及び山科駅において、JRの駅と接続しており、比較的長距離な交通の利用が多いJR琵琶湖線や湖西線に対して、有効な接続機能も果たしています。さらに、京阪大津線は大津のまちの発展とともに歩んできた市民にとって歴史的・文化的資産でもあります。

 以上のようなことから、大津市は、京阪電車を中心として、公共交通機関を利用しやすい街であり、人の交通に占める鉄道利用の割合は、他の地方中核都市等と比べて、格段に高い現状となっています。しかしながら、モータリゼーション(自動車社会化)の波は本市にも及んでおり、本市が全国有数の人口増加都市であるにもかかわらず、京阪大津線の利用者数は、長期に渡り減少を続けてきています。

 申し上げるまでもなく、公共交通機関は、高齢者、障害者の皆様や子ども達の社会活動手段の確保、緊急自動車の走行環境を含めた総合的な交通渋滞対策、観光客等の利便性を含めた各種各様な都市活動の円滑化、地球温暖化防止を含めた大気汚染の軽減など、市民や来訪者にとってなくてはならない都市の基盤です。
京阪大津線の利用者数が、このまま減少を続けていけば、貴重な公共交通機関としての京阪電車がなくなってしまうという事態も危惧されています。

 そうならないためには、公共交通事業者としての京阪電鉄株及び総合的な交通対策に係わる行政の努力もさることながら、本市の多くの市民の手で自ら京阪電車の利用を推進し、京阪大津線の健全な経営を維持していく必要があります。

 このため、私たちは、平成17年11月16日に「大津の京阪電車を愛する会」という市民団体を設立し、以来、数多くの市民や事業所にも、この会に参加して頂いており、お陰さまで約千名の会員を擁するに至っておりますが、この趣旨にご賛同を頂き、「愛する会」の更なる充実のために積極的にご入会を賜りますよう、よろしくお願 い申し上げます。

※上記は設立当時の趣意書で、文中の運転間隔等はその後変更になっています(昼間時間帯の現在の運転間隔は石山坂本線が10分、京津線が20分です)

会員数

近年の年度末会員数の推移です。
平成25
年度末
平成26
年度末
平成27
年度末
平成28
年度末
平成29
年度末
平成30
年度末
令和1
年度末
令和2
年度末
1,007人 1,072人 1,058人 1,090人 1,004人 927人 817人 756人

京阪大津線 輸送実績

国土交通省 鉄道統計年報によると、京阪大津線全体の2018(平成30)年度の輸送人員は定期、定期外合わせて17,043人で、前年比約1%のマイナスとなっています。 平成30年3月のダイヤ改定で日中の運行頻度が京津線20分毎(改定前は15分毎)、石坂線が10分(同、石山寺~近江神宮間は7~8分毎)に減便になっており、これが定期外輸送人員に影響している可能性があります。
年度 輸送人員
定期
輸送人員
定期外
輸送人員
合計
(千人) (千人) (千人) 前年比
%
平成24年度 9,124 7,103 16,227 -
平成25年度 9,469 7,048 16,517 101.8
平成26年度 9,345 7,104 16,449 99.6
平成27年度 9,679 7,385 17,064 103.7
平成28年度 9,719 7,324 17,043 99.9
平成29年度 9,859 7,391 17,250 101.2
平成30年度 10,000 7,043 17,043 98.9